オーディオランドではケーブル類も買取してくれる!

高級オーディオの中でも、音質を決定する大きな要因として重視されるのはアンプだったりスピーカーだったりします。
アンプには数多くの種類があり、その分特徴や音質がそれぞれ違います。
スピーカーも同様で、世の中には数えきれないほどの種類があってそれぞれに特徴があるので、オーディオ好きの方はこれらを組み替えたりして日々自身が好みだと思える音を追求しています。

そして、オーディオに使われる”ケーブル”類も音に影響を与えるため、この部分を交換する人も多いです。
ケーブルはアンプやスピーカーに比べると一見地味な存在ですが、プリアンプで再生された音をパワーアンプに伝えたり、パワーアンプにて増幅された音をスピーカーに伝えたりと、かなり重要な役割を担っておりこの部分が粗悪だと音質にもかなりの影響を与えてしまいます。
また、オーディオに電気を供給する電源ケーブルも出音の際のノイズや電気の安定性などに関わってくるため、かなり重要だと言えます。

そんなオーディオ用のケーブルにはどういったものがあるのかをご紹介します。

 
>>オーディオランドの詳細はこちら

RCAケーブル


RCAケーブルとは昔からあるケーブルで、一般的に赤=R(右側)、白=L(右側)の音を出すケーブルとして使われています。
昔からあるものなので、ヴィンテージの高級オーディオに使われていることが多いです。

このRCAケーブルは種類によって使われている素材が違うために音の印象が変わることが多く、これを色々なものに交換して音の違いを楽しむことができます。
それゆえにケーブルによってはオーディオ機材本来の出音を大きく変えてしまうことがあるので、高級オーディオ本来の持つ特性が好きでで音楽を楽しみたい方はできるだけナチュラルな特性を持ったRCAケーブルを使うのが吉とされています。

 

フォーンケーブル


シールドとも呼ばれる一般的なオーディオケーブルで、TSRとTSの2種類があります。

 

TS


TS型のフォーンジャックはその先端の「チップ」と呼ばれる部分と胴体部分の「スリーブ」と呼ばれる部分の2か所で電気信号のやり取りをしています。
TSはチップ(Tip)とスリーブ(Sleeve)の頭文字からネーミングされています。
TSはアンバランス方式で作られています。
アンバラスンス方式はバランス方式に比べてノイズの影響を受けやすいですが、自宅などでよく用いられる数mほどの長さの場合はあまり気にしなくて良いようです。

 

TSR


TS型のフォーンジャックに対し、TSR型には「チップ」「スリーブ」に加えて「リング」と呼ばれる部分があります。
これは、TSのスリーブ部分をさらに2つに分けて合計3つの信号をやり取りできるようにしたものです。チップ(Tip)とスリーブ(Sleeve)とリング(Ring)の頭文字から、TSRとネーミングされています。
こちらはバランス方式で作られていて、ノイズに強いです。

しかしこのノイズの強さはケーブルが20mくらいのかなり長いサイズになった時の話なので、自宅で使う際にはあまり気にするような事ではないようです。

 

キャノンケーブル


キャノンケーブルはグランド、ホット、コールドと呼ばれる3つのピンがあるケーブルで、XLRケーブルとも呼ばれます。
このキャノンケーブルはバランス方式で作られているのでノイズに強いという特性があります。

キャノンケーブルはマイクや高価格帯のシンセなどに多く使われていて、上記のようにグランド、ホット、コールドという3種類の信号をやり取りします。

 

スピーカーケーブル


スピーカーケーブルはアンプからスピーカーをつなぐケーブルで、このケーブルの種類でも音の性質を左右することがあります。
高いものが良い、というものではありませんが、音質を追求してスピーカーケーブルを高級なものに交換する人も多いようです。

 

電源ケーブル


一般的に、オーディオの音を良くするとなるとそのオーディオに供給される電気の電源環境や部屋自体の音響特性を改善することから始まり、各機材をつなぐケーブルを交換したりインシュレーターなどを噛ませたり、さらにはオーディオボードをチューニングしたりと色々な方法があります。

これらの方法は場合によっては出費がかさんだり、オーディオや音についての知識がなければ効果的ではなかったりします。
しかし電源ケーブルを変えるだけで劇的に音が良くなったりする事もあるので、初心者にもとっつきやすく、また色々なものを交換していく事を考えると比較的出費も抑えられます。

 

デジタルケーブル


オーディオケーブルにはアナログとデジタルの2種類があります。このうち、最近ではデジタルケーブルが使われていることが多くなってきており、中でも光デジタルケーブルが注目されているようです。
オーディオ機器からの音声信号をデジタル信号に変換し、光通信でスピーカーや他のオーディオ機器に伝送します。

 

オーディオケーブルの買取時の傾向と注意点


使えないと買い取ってもらえない


断線していると基本的にはオーディオ用にケーブルは買い取ってもらえません。
あとは、断線自体はしていなくても端子が傷んだり破損していたりすると買い取ってもらえない事が多く、ニオイがある場合も買取してもらえない事があります。

オーディオ機器の場合、壊れていても買取してもらえる事もありますが(←買取店が修理できる範囲であれば)、ケーブルの場合は修理できない事が多いために買取してもらえないようです。

 

高価で買取してもらえない場合もある


定価が高価なオーディオケーブルは査定の結果、高い買取値がつく場合もありますが絶対にそうなるとは限りません。

高価でも手に入りやすいモデルは高値がつきにくく、中古で手に入りにくいモデルや人気のモデルは高めに買い取ってもらえる事もあり、買取価格にバラつきがあります。

 

有名メーカーは買取値が高くなる傾向がある


やはり有名メーカーのオーディオケーブルほど高値がつく傾向があります。
しかし状態やモデルによって買取値は上下するので有名メーカーだから絶対に高く買い取ってくれるというわけでも無いようです。

 

まとめ


オーディオ機器の中でアンプやスピーカーを買取してもらえるというのは多くの人が知っていることですが、ケーブル類も買取してもらえるとは知らずにそのまま処分してしまう人が多いようです。
実はこのケーブル類もものによってはそれなりの価格で買取してもらえる事が多いので、もしオーディオケーブルにもこだわっていたという方は買取の見積もりを出してもらってみてはいかがでしょうか。

そして、その際はオーディオランドという買取専門店がしっかりと査定をし、適正な価格を提示してくれますので、それで納得できれば買取してもらうとお得でしょう。

>>オーディオランドの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です