オーディオランドで買取してもらえるオーディオの種類

オーディオの買取業者として人気のオーディオランドでは様々なオーディオを買取してもらえます。
どのようなオーディオを買取してもらえるか確認していきましょう。

>>オーディオランドの詳細はこちら

パワーアンプ

パワーアンプとは、ミキサーで適切な音量や音質に調整された信号をスピーカーが駆動できるレベルまで「増幅」し鳴らすための機材です。
パワーアンプの中にも種類があり、パワードミキサータイプ、パワードスピーカータイプなどがあります。
パワードミキサーはミキサーにパワーアンプを内蔵しているタイプでパワードスピーカーはスピーカーにパワーアンプを内蔵しているタイプになります。

プリアンプ

プリアンプは、日本語に直訳すると「前置増幅器」です。
スピーカーで再生できるレベルまでの信号の増幅は行っていません。
ですがその前段階で音源のソース(CDやチューナー、アナログレコードなど)の選択をはじめ、左右のスピーカーのバランス調整や音量、音質の調整などの機能を持っています。

プリアンプとパワーアンプの関係

プリアンプとパワーアンプは本来別々の機器です。
この2つのアンプを1つにまとめたものが「プリメインアンプ」と呼ばれており、このような複合型のアンプが増えてきています。

ただし、オーディオ機器に精通している人の中にはパワーアンプとプリアンプを別々に選んだ方が音質を良くできるという説が根強いです。
だからだと思いますがプリアンプ部とパワーアンプ部を別々に使用できるセパレートタイプが非常に人気です。

真空管アンプ

真空管アンプとは、文字通り真空管を用いてアンプを組み、スピーカーを駆動させる仕組みの装置です。
現在は真空管アンプが少なくなっており、主流はトランジスタアンプとなっています。
しかし、アーティストなどの音にこだわりを持つ人にとって真空管アンプは特別なアンプです。

真空管アンプとトランジスタアンプの違い

真空管アンプとトランジスタアンプの違いは大きく分けて二つあります。

一つ目は「増幅素子の振動の違い」です。
個体金属が素子に使われているトランジスタは、振動に強いため簡単には共振は起こりません。
それに対し真空管アンプは、ガラスの中に金属板と金属線が入っているため、共振が容易に起こりやすくエコーのような音を演出することができます。
これが真空管独特の温かみのある音の要因です。

二つ目は「歪みの違い」です。
楽器の音の鳴りの基本は基音と倍音の関係になります。
奇数倍になれば音は鋭くなり、偶数倍になればまろやかな音になるといわれています。
トランジスタは奇数倍で歪みやすく、真空管は偶数倍で歪みやすいという傾向を持っているため、音の質の違いが出るのです。

スピーカー

スピーカーとは、パワーアンプで増幅された電気信号を空気の振動に変え、人間が聞こえる「音」に変えるための機材です。
アンプ同様、規模に応じて適切なスピーカーを選ぶことが大事です。
スピーカーはその形態によってパッシブスピーカー、パワードスピーカーの2つのタイプに分けられます。
また、用途によってもメインスピーカー、サブウーファー、モニタースピーカーなどの種類があります。

スピーカーユニット

スピーカーの音の出る部分をスピーカーユニット、あるいはユニットと呼びます。
これらは単体で使うものではなく、エンクロージャーに取り付けられたりテレビや電話の部品として内蔵されています。

何故スピーカーユニットがあるかというと、ひとつのユニットで人の可聴域全てを再生することが理想ではありますが、現実的にそれは厳しいからです。
なので低音、高音に特化したユニットが存在します。
ただ、どの周波数が低音でどこからが高音かという厳密な定義は決まっていません。

>>オーディオランドの詳細はこちら

オーディオは大きく分けると3種類

オーディオは大きく分けると3種類になります。
アンプ、スピーカー、デッキ類です。

更に分けるとアンプはパワーアンプ、プリアンプ、プリメインアンプ、AVアンプになります。
AVアンプはホームシアターなどの用途に特化したアンプで多くのchと入出力端子が装備されています。

スピーカーを細かく分けるとダイナミック型、フィールドコイル型、コンデンサー型、リボン型、アクティブスピーカーとなります。
ダイナミック型は最もオーソドックスな形のスピーカーです。

フィールドコイル型は最も古い型のスピーカーといえるでしょう。
当時はフェライトやアルニコといった高性能な磁石がなかったため、電磁石を使うことによってボイスコイルを動かしていました。
電磁石なのでユニットごとに電気を供給しなくてならない必要があり、電源が必要ない永久磁石が登場してからは新たにフィールドスピーカーが作られることはほとんどなくなりました。
最近は一部のハイエンドビンテージユーザー向けの物が発売されています。
通常のスピーカーではなく、フィールドスピーカーならではの音質は大きな魅力があります。

コンデンサー型は専用のフィルムに電気を通して振動させるタイプのスピーカーです。
音の立ち上がりが早く、自然な鳴りをもつものが多いです。
クラシックの再生にはこのコンデンサー型が良く使われています。

リボン型は見た目がコンデンサー型に良く似ています。
大きな違いは専用の電源が必要ないということでしょう。

アクティブスピーカーはスピーカーの内部にアンプを内蔵させてプレーヤーを用意するだけで音が出せるものです。
このアクティブスピーカーはパワードスピーカーと呼ばれることもあります。

このように、オーディオには様々な種類があります。
大きく分けるとスピーカーとアンプですが、細かく分けるとキリがありません。

>>オーディオランドの詳細はこちら

オーディオランドで買取してもらえるものは?

オーディオランドはハイエンドオーディオの買取を全面に押し出した買取業者です。
だからといってハイエンドオーディオ専門の買取業者という訳ではありません。
オーディオと名のつくものであれば基本的にどんなものでも買取をしてくれます。

ただ、自作のアンプは値段が付かない可能性も高いです。
自作のアンプというのは相場というものが存在していないため、オーディオランドを含むほとんどの買取業者では扱いに困ってしまうからです。
なので自作のアンプは売れない可能性があります。
ですが、一度電話で相談、あるいは見積もりフォームを使ってみるのも良いでしょう。
もしかしたら値段がつくかもしれませんし、思わぬ高額買取に発展する可能性もあります。

オーディオランドは買取額もそうですが、対応の速さも評判が良いです。
なのでオーディオランドは買取業者としてかなりの高評価を得ています。
対応も丁寧ですので、一度利用してみるのをオススメします。

>>オーディオランドの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です